普通科醸造コースⅠ年 校外実習

12月15日(土)、普通科醸造コース1年生は羽曳野市にある駒ヶ谷地区ブドウ農園で、デラウエアの剪定作業とシャインマスカットの苗植えの実習を行いました。

剪定作業では健全な枝を見極め5~6芽を残しながら、隣の枝と絡まないように考えて剪定するのに苦労しました。剪定した枝には生徒名を記載したタグをつけて、ブドウの成長から収穫までを生徒自身が意識的かつ継続的に学習できるようにしました。

苗植えの実習では、みんなで美味しいシャインマスカットになるよう心をこめて植えました。収穫が待ち遠しいです。