醸造コース 農園実習(5月25日)

5月25日(土)、普通科醸造コース2年生は羽曳野市にある駒ヶ谷地区ブドウ農園で、ブドウの防鳥網被覆の実習を行いました。


ハウスの屋根に上り、足元が不安定な状態で防鳥網(縦約20m×横約50m)を広げて行くことは、
とても重労働でまた熟練していないと覆うことができない作業であることを実感しました。
今回は、両サイドの防鳥網を紐で結ぶお手伝いをしました。
また、昨年12月に選定したデラウェアの木にブドウの房がでてきていることを観察しました。収穫が待ち遠しいですね!

防鳥網を紐で結んでいきます。

前面を無事に覆うことができました。

収穫まですくすく育ちますように!

2019年6月17日 更新